Web45

sarabandejp:

PHP 5.5 で mysql 拡張モジュールが非推奨になり、E_DEPRECATED エラーが表示されるようになりました。将来の PHP のバージョンで削除されます。 mysql 拡張モジュールに依存する CMS を使ってサイトを運用している場合、将来、運用サーバーに導入されている PHP のバージョンの切り替えに備えて、 mysqli もしくは PDO に対応した CMS のバージョンへのアップグレードするか、別の CMS やウェブサービスに切り替える必要があります。

多くの PHP 製の CMS が共有ホスティングにインストールされており、共有ホスティングは比較的古い PHP…

fieldrex:

開催趣旨
東日本大震災から約1年9ヶ月が経過し、被災地の中には地域経済の再生・復興に向けた動きが出ていますが、被災地の復興のためには既存の産業の再生、復興のみならず新たな地域産業の構築や雇用の創出が求められています、しかし被災自治体における雇用対策や復興全体の担い手不足の課題があり中々進んでいないのが現状です、雇用は貧困削減や経済、社会の発展に寄与しており、今こそ社会起業を推進し新しい雇用を生ませていくビジネスモデルが地方こそ必要としているのではないでしょうか。

被災地では未だに多くの方々は避難生活や仮設住宅での生活を余ぎなくされ、多くの社会的課題を抱えています。
平成24年9月現在福島県の避難者数159,124人、県内避難者数96,857人、県外避難者数62,267人これが目に見える現実、目に見えない間接的被害を考えると、とても復興が進んでいるとは言えない被災地住民視点からみた現状です。
被災地の雇用状況をみても失業給付金が終了する方の問題、雇用のミスマッチの問題、復興事業に関係する短期雇用の課題など早急に対処しないといけない問題が解決されず期間雇用が大半で被災地では目の前の不安と将来の不安が増すばかりとの声が増え続けています。

そこで国、被災自治体に全面依存するのではなく自らが立ち上がり私達の新しい故郷を創りだす行動を始めていく事が今は求められているのではないでしょうか

このような状況の中、等団体では社会的課題と地域課題をビジネスの手法で解決するソーシャルグッドで新たな産業と雇用の創出と地域課題解決を寄与することを目的に活動を開始致しました。
————————————————————————————————————————————————————————-
SOCIAL GOOD FUKUSHIMA 主催
テーマ「ソーシャルビジネス支援セミナー」
————————————————————————————————————————————————————————-
地域課題に市場の芽を見つけ、人を活かすビジネスをつくるソーシャルビジネス
パブリックの社会起業家、ソーシャル・ビジネスの育成は、次の2点にこだわっています。
・困難な状況にいる人(対象者)の潜在的な力を、いかに見つけ、引き出していけるか
・課題・地域に関係ある幅広い機関・人を、いかに巻き込み、人やお金が流れる新しい市場を開拓していけるか
そして、社会起業家の地域でのサポート体制として、社会起業家、支援者、市民が相互に支えあっていく地域コミュニティづくりに力を入れています。
チェンジ・メーカーとは、特別な特定の起業家ではなく、社会を良くする活動に参画する全ての人たちのこと。そこにこだわり、人と現場の可能性に焦点を当てるからこそ、見えてくるビジネスがあります。
自分の経験・思いを活かして社会起業したい、どんな可能性があるか学びたい、こだわりの店をつくりたい・・・様々な可能性を共に探っていきましょう。
—————————————————————————————————————————————————————————
日時 :24年11月25日(日)19:15〜21:15
    24年11月30日(金)19:15〜21:15
場所 :福島県郡山市 貸会議室ギャラリー虎丸町
    郡山市虎丸町15−4(ホテルハマツ隣り)
定員 :40名 (限定先着順)定員になり次第締め切りとさせていただきます
参加費:1日参加の場合 3,000円 2日間参加の場合 5,000円 (当日ご持参下さい)
参加申し込み:事前申し込み(mail申請のみ、記載内容は下記の通り)
   :fieldrex@gmail.com 
:件名ソーシャルビジネス支援セミナー
   :名前・年齢・連絡先・職種・Facebookアカウント
参加対象
社会起業を考えている方、寄付や助成金による運営から収益事業を創りたいNPO関係者
事業予算が確保出来ない、事業計画、事業連携をどのようにして良いかわからないNOP関係者
NPOを立ち上げようと考えている任意団体、個人の方、社会貢献活動考えている企業の
CSR担当者、子育て、母子家庭の方、個人商店主、農業従事者、経営者、行政職員、大学生、
フリーター、会社員などどなたでもご参加下さい。

尚、詳しくはパンフ参考にして下さい

主催:ソーシャルグッドフクシマ 後援:一般社団法人フィールドレックス

Candle Shop Various | キャンドルショップヴァリアス
〒963-8875 福島県郡山市池ノ台19-13Tel:070-5473-6388 Mail:info@candlevarious.com
Candle Shop Various | キャンドルショップヴァリアス
〒963-8875 福島県郡山市池ノ台19-13
Tel:070-5473-6388 Mail:info@candlevarious.com
Siki-Hama Niigata Japan

Siki-Hama Niigata Japan

fieldrex:

SOCIAL GOOD FUKUSHIMA
ソーシャルグッドフクシマ開催
開催趣旨
東日本大震災から約1年6ヶ月が経過し、被災地の中には地域経済の再生・復興に向けた動きが出ていますが、被災地の復興のためには既存の産業の再生、復興のみならず新たな地域産業の構築や雇用の創出が求められています、しかし被災自治体における雇用対策や復興全体の担い手不足の課題があり中々進んでいないのが現状です、雇用は貧困削減や経済、社会の発展に寄与しており、今こそ社会起業を推進し新しい雇用を生ませていくビジネスモデルが地方こそ必要としているのではないでしょうか。 被災地では未だに多くの方々は避難生活や仮設住宅での生活を余ぎなくされ、多くの社会的課題を抱えています。
平成24年9月現在福島県の避難者数159,124人、県内避難者数96,857人、県外避難者数62,267人これが目に見える現実、目に見えない間接的被害を考えると、とても復興が進んでいるとは言えない被災地住民からみた現状です。 被災地の雇用状況をみても失業給付金が終了する方の問題、雇用のミスマッチの問題、復興事業に関係する短期雇用の課題など早急に対処しないといけない問題が解決されず期間雇用が大半で被災地では目の前の不安と将来の不安が増すばかりとの声が増え続けています。
そこで国、被災自治体に全面依存するのではなく自らが立ち上がり私達の新しい故郷を創りだす行動を始めていく事が今は求められているのではないでしょうか
このような状況の中、等団体では社会的課題と地域課題をビジネスの手法で解決するソーシャルグッドで新たな産業と雇用の創出と地域課題解決を寄与することを目的に活動を開始致しました。 ———————————————————————————————————————————— SOCIAL GOOD FUKUSHIMA  テーマ「ソーシャルグッドで社会的課題と地域課題解決をするには」 ———————————————————————————————————————————— 日時 :第2回 24年10月14日(日)18:30〜20:30     第3回 24年10月28日(日)18:30〜20:30 場所 :福島県郡山駅前市民交流プラザ7階 参加費:無料(事前申し込み) 参加申し込み(mail申請のみ、記載内容は下記の通り)    :fieldrex@gmail.com  :件名ソーシャルグッドフクシマ    :名前・年齢・連絡先・職種・    :参加日(第2回か第3回か両方か) 参加対象 社会起業を考えている方、寄付や助成金による運営から収益事業を創りたいNPO関係者 事業予算が確保出来ない、事業計画、事業連携をどのようにして良いかわからないNOP関係者 NPOを立ち上げようと考えている任意団体、個人の方、社会貢献活動考えている企業の CSR担当者、子育て、母子家庭の方、個人商店主、農業従事者、経営者、行政職員、大学生、 フリーター、ニート、会社員などどなたでもご参加下さい。
尚、当日は専門家による相談ブースを設けますのでご遠慮なくご相談下さい   当日のタイムスケジュールは開催1週間前に公開致します。
主催:ソーシャルグッドフクシマ 後援:一般社団法人フィールドレックス

fieldrex:

SOCIAL GOOD FUKUSHIMA

ソーシャルグッドフクシマ開催

開催趣旨

東日本大震災から約1年6ヶ月が経過し、被災地の中には地域経済の再生・復興に向けた動きが出ていますが、被災地の復興のためには既存の産業の再生、復興のみならず新たな地域産業の構築や雇用の創出が求められています、しかし被災自治体における雇用対策や復興全体の担い手不足の課題があり中々進んでいないのが現状です、雇用は貧困削減や経済、社会の発展に寄与しており、今こそ社会起業を推進し新しい雇用を生ませていくビジネスモデルが地方こそ必要としているのではないでしょうか。
被災地では未だに多くの方々は避難生活や仮設住宅での生活を余ぎなくされ、多くの社会的課題を抱えています。

平成24年9月現在福島県の避難者数159,124人、県内避難者数96,857人、県外避難者数62,267人これが目に見える現実、目に見えない間接的被害を考えると、とても復興が進んでいるとは言えない被災地住民からみた現状です。
被災地の雇用状況をみても失業給付金が終了する方の問題、雇用のミスマッチの問題、復興事業に関係する短期雇用の課題など早急に対処しないといけない問題が解決されず期間雇用が大半で被災地では目の前の不安と将来の不安が増すばかりとの声が増え続けています。

そこで国、被災自治体に全面依存するのではなく自らが立ち上がり私達の新しい故郷を創りだす行動を始めていく事が今は求められているのではないでしょうか

このような状況の中、等団体では社会的課題と地域課題をビジネスの手法で解決するソーシャルグッドで新たな産業と雇用の創出と地域課題解決を寄与することを目的に活動を開始致しました。
————————————————————————————————————————————
SOCIAL GOOD FUKUSHIMA
テーマ「ソーシャルグッドで社会的課題と地域課題解決をするには」
————————————————————————————————————————————
日時 :第2回 24年10月14日(日)18:30〜20:30
    第3回 24年10月28日(日)18:30〜20:30
場所 :福島県郡山駅前市民交流プラザ7階
参加費:無料(事前申し込み)
参加申し込み(mail申請のみ、記載内容は下記の通り)
   :fieldrex@gmail.com 
:件名ソーシャルグッドフクシマ
   :名前・年齢・連絡先・職種・
   :参加日(第2回か第3回か両方か)
参加対象
社会起業を考えている方、寄付や助成金による運営から収益事業を創りたいNPO関係者
事業予算が確保出来ない、事業計画、事業連携をどのようにして良いかわからないNOP関係者
NPOを立ち上げようと考えている任意団体、個人の方、社会貢献活動考えている企業の
CSR担当者、子育て、母子家庭の方、個人商店主、農業従事者、経営者、行政職員、大学生、
フリーター、ニート、会社員などどなたでもご参加下さい。

尚、当日は専門家による相談ブースを設けますのでご遠慮なくご相談下さい
  当日のタイムスケジュールは開催1週間前に公開致します。

主催:ソーシャルグッドフクシマ 後援:一般社団法人フィールドレックス

visualsundae:

“Stranger & Stranger is a packaging design and branding company specialising in alcoholic drinks. Since 1994 we have named, researched and registered wines and spirits brands worldwide.

We’ve created bespoke and innovative bottle shapes, labels, closures and all secondary packaging.

Oscar…

きれいな夕焼けでした